上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水橋パルスィ(パルスィ) 「あ゛あ゛~だるい・・・いやな時期にこじらせてしまったわ・・・」
 「はいはい、お薬ですよ~♪」
パルスィ 「あらありがとう、お燐・・・ん?」
 「あちゃー、氷切らしてたー。まー、ここじゃもたないかー」
パルスィ 「・・・私の目がおかしくなったのかしら?お燐小さくなった?」
 「えーと、マスクと水と・・・卵はどこやったかな?」
パルスィ 「・・・何かぶつぶつ言ってるけど本当にお燐かしら?ねえ、あなた?」
 「はいはい、気分はいかがですかー?」
パルスィ 「お燐じゃないわね・・・誰、あなた?」
 「あ、どうも。派遣医です」
パルスィ 「派遣医?・・・呼んでいないのだけど?」
 「はい。呼ばれてません」
パルスィ 「・・・えー、何者?医者とか言って私になにするつもり?」
 「ご安心ください!私どもは皆さんの健康と幸福をモットーに活動しております!」
パルスィ 「より胡散臭くなったんだけど。とにかく帰ってちょうだい」
 「まあまあ、病気は長引くとつらいですよ。お薬だけでもどうぞ」
パルスィ 「いや、いきなり来たあやしい人の薬を飲めるわけないでしょう?」
 「大丈夫ですって。世界一の薬師に貰いましたから」
パルスィ 「そうなの?それなら安心かしら・・・?」
 「まあ、薬師は世界に一人しかいないんですけどね」
パルスィ 「・・・やっぱりいらないわ」
 「腕は間違いありませんよ。この前不老不死の薬ができたとかで号外が出てました」
パルスィ 「やっぱりあやしい・・・」
 「その薬の被験体は、不老不死になったおかげで、薬師のテスターとして日夜がんばっているそうです」
パルスィ 「それは妬ま・・・いやいや不憫すぎじゃないの!」
 「飲んだ彼女が悪いと薬師は言ってました」
パルスィ 「ひ、ひどい・・・;地上は恐ろしいところなのね;」
 「そんな天才薬師が処方したのでバッチリ効きますよ(笑)」
パルスィ 「天才というか外道でしょ?今の話を聞いて飲める人がいると思うの?」
 「これは大丈夫です。被験体ができたので、表の人で試さなくて良くなったって言ってましたから」
パルスィ 「どこまで外道なの、その人は!」
 「彼女は・・・薬師は私の命の恩人なんです・・・」
パルスィ 「え?」
 「私が昔、大病を患ったとき、彼女の薬で助かったんです・・・」
パルスィ 「そ、そうだったの・・・」
 「はい。ですから、こうして生きていられます。ただ、妙な耳と尻尾が生えてしまいましたが」
パルスィ 「実験体にされてる!あなただまされてるわよ!」
 「彼女はもう過ちを犯さないとはっきり誓いました。ですから大丈夫です」
パルスィ 「そんな誓い、全然信じられないんだけど。っていうか、自分で過ちとわかってやってたのね」
 「私からもお願いします!彼女の無実を証明して下さい!」
パルスィ 「無実じゃないから。自分で認めてるんでしょ?」
 「この薬は本当に普通の薬なんです!彼女が誠実かどうか飲めばわかるんです!」
パルスィ 「思いっきり被験者じゃない、私?」
 「大丈夫です!本当に大丈夫です!」
パルスィ 「わ、わかったわよ;飲めばいいんでしょ?うぅ・・・」


(サラサラ・・・ゴク)


 「そういえば、何の薬を処方されたんだっけ?」
パルスィ 「えっ?」
スポンサーサイト
東風谷早苗(早苗) 「はぁ・・・今日もお茶がおいしい・・・」
小野塚小町(小町) 「うむ。晴天吉日にはやはりブラックだな」
早苗 「ダレですか!?」
小町 「うむ。良い場所だと思ってな。ご一緒させてもらった」
早苗 「いや、あなたが誰か聞いてるんですけど・・・」
小町 「おっと、申し訳ない。仕事の途中だったが、どうにも耐えられんかった(笑)」
早苗 「全然聞いてない・・・」
小町 「ときにお嬢さん。この辺りで事件なんぞはなかったかい?」
早苗 「はぁ・・・特に聞き覚えはありませんが・・・」
小町 「ふむぅ。この辺りと聞いていたのだが、また適当な情報を送られたか」
早苗 「すごく大きな鎌を持ってますけど、あなたは一体・・・?」
小町 「ん、これか?コイツは絶妙なバランスで、どんなところに投げても必ず私のところに戻って来るんだ。いいだろ?」
早苗 「ブーメランですか、これ!?」
小町 「真に受けるとは面白いお嬢さんだ(笑)。いや、私は人さらいでな」
早苗 「ええ!?」
小町 「からかい甲斐があるな(笑)。私は死神だよ」
早苗 「死神・・・。死神さんがここに何の用ですか?」
小町 「だから仕事だって」
早苗 「仕事!まさか私を・・いやぁーーー!」
小町 「思い込みが激しいな;ここには立ち寄っただけだって言ったろう?」
早苗 「あ、そうですか;じゃあ、どこへ・・・?」
小町 「うーん、この辺りに目鼻口なし坊主が居るとかいう話だったんだけどなぁ・・・」
早苗 「ひゃあああ!おばけぇええ!」
小町 「なんだ、こういうのもダメか。冗談だよ。本当は腹と首をえぐり取られて死んだそうだ」
早苗 「なーんだ・・・って、そっちのほうが怖いじゃないですか!」
小町 「だから気を遣ったのに、本気で怖がるお前さんが悪いだろ?」
早苗 「え、私が悪いの・・・?」
小町 「気にしなさんな。しかし、どうしたもんかな」
早苗 「知り合いに情報屋がいますけど、お聞きしましょうか?」
小町 「情報屋って、あの天狗かい?あいつはダメだ。すぐ余計にカマかけてきやがる」
早苗 「立派なカマ持ってますもんね」
小町 「そうそう。って、そういう意味じゃないよ!」
早苗 「あの子は大丈夫ですよ。この前も、あの世の川にめずらしい魚がいるから取りに行かないかって誘われましたもん」
小町 「狙われてるよね?っていうか私の仕事じゃない、それ」
早苗 「去年の台風の時は、飛ばされないようにと御柱につないでくれるやさしい子ですよ」
小町 「もう、お前さんに問題あるよ、それは」
早苗 「かわいいパンダを探しに行った時は、唸り声が聞こえる穴の中をですね・・・」
小町 「ま、待て!わかった。もうわかったから;それ以上の不幸自慢は勘弁してくれ!」
早苗 「失礼ですね。武勇伝と言ってくださいよ」
小町 「前向きなのは結構だが、その内ホントに迎えに来ちゃうよ?」
早苗 「大丈夫です!まだそんな年じゃありません!」
小町 「年の問題じゃないんだけどな・・・お前さん、苦労しないのかい?」
早苗 「苦労は買ってでもしろとおばあちゃんから教わりました!」
小町 「それはご大層だが、苦労の仕方が違うんじゃないかな?」
早苗 「苦労に良いも悪いもありません!」
小町 「(コイツは相当危ないな・・・)そ、そうかい;まぁ、がんばりな;」
早苗 「はい!今年は霊夢さんにリベンジするんです!天狗からとっておきのものをいただきましたから!」
小町 「とっておきのもの?」
早苗 「はい!このお茶です!これを飲ませれば、必ず勝てると!」
小町 「バ、バカ!これトリカブトじゃないか!毒草だよ!お茶じゃないよ!」
早苗 「お茶じゃなくても、勝てるなら!」
小町 「命まで取るんじゃないよ!私の仕事取らないでよ!」
早苗 「え?あなたも霊夢さんを?」
小町 「いやいや、そうじゃなくって、私は死神としてだね・・・」
早苗 「むむむ。霊夢さんを倒すのは私です!邪魔は許しません、勝負です!」
小町 「なんでそうなるの!?冗談じゃない、仕事に戻らせてもらうよ!」
早苗 「逃げるんですか!後々邪魔されるくらいなら、ここでお茶の実験台になってもらいますっ!」
小町 「物騒だな!それ寄こしな!私が処分する。二度とこんなものに手を出すんじゃないよ!」
早苗 「ああ、私の切り札が;待ちなさーい!」
小町 「まったく、ろくでもないもの与えやがって、ひどい天狗だな。映姫様に叱ってもらうよう言っておくか」
小町 「ああ、でもこのまま帰ったらまた説教だ。全然吉日なんかじゃないよ、もう!」
霧雨魔理沙(魔理沙) 「4月だぜ」
博麗霊夢(霊夢) 「4月ね」
魔理沙 「今年もよろしくなんだぜ」
霊夢 「遅いにも程があるでしょ」
魔理沙 「このブログ的には新年だから、問題ないんだぜ」
霊夢 「・・・何の話よ」
魔理沙 「ノリ悪いな。新年なんだから気力だせ」
霊夢 「こんなところに呼ばれて、気力も何もないわ。どういうつもりよ?」
魔理沙 「よくぞ聞いてくれた!(笑) ここのアホが、自分の記事はつまらんから私達のことを書きたいそうだ」
霊夢 「・・・帰っていいかしら?」
魔理沙 「まあまて。コイツを吹っ飛ばすのはいつでもできる。ここはひとつ見てやろうじゃないか(笑)」
霊夢 「どうぞご自由に。私興味ないわ」
魔理沙 「相変わらず、やる気の無さは一流だな」
霊夢 「アンタの適当さも超一流よ」
魔理沙 「高尚と言って欲しいねぇ(笑)」
霊夢 「いや、意味わかんないから」
魔理沙 「暖かくなったからって4月ボケは大概にするようにな(笑)」
霊夢 「失礼ね、この4月バカ!」
魔理沙 「4月バカはもう終わったんだぜ」
霊夢 「いや、そういう意味じゃ・・・って、アンタもボケてるじゃないの」
魔理沙 「まあ、バカもボケもここのアホだから気にするな。それじゃあ、私は用事あるから。またな(笑)」
霊夢 「つれてきといて放置するな!」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。